会社の発展

ある男のビジョン

Horst Groningerは自分がすることに信念を持っていました。1980年4月11日に、彼は会社を立ち上げました。シールのないロータリー・ピストン・ポンプという画期的な発明を鞄に入れて、彼はヨーロッパ中を渡り歩き、お客様にそのイノベーションを説いて回りました。彼の成功はそれだけにとどまりません。彼は滅菌済みの使い捨てシリンジの処理において、後に市場リーダーの地位を築く基盤を作りました。

ストーリーは続く

Eva Groningerは会社の財政を管理するだけではなく、クリエイティブな面も発揮しました。groningerの社屋の建築構想は、内外とも彼女が手がけたものです。1980年代、クライルスハイムの拠点は拡張され続け、1992年を迎える前に、組立工場と管理部門の建物を含む広い新社屋が完成しました。売上も従業員数も継続して伸びています。

groningerのUSA進出

1997年にgroningerは大西洋を越えて、USAに支店を設置しました。それにより、北米での顧客数が増えていく結果となりました。そのためgroningerは2012年に、ノースカロライナ州のシャーロットに独自の拠点を構えました。

一家族で一企業

Horst GroningerはVolkerとJensの2人の息子を会社に入れました。Volker Groningerは技術担当の役員となり、その兄弟であるJensは営業担当の役員を引き受けました。現在ではこの2人の世代が、一緒にこの会社の未来を決定しています。会社の後継者が早めに決まっていないことの多い時代に、Horst Groningerは従業員、お客様、パートナーに対して積極的に方向性を示したのです。つまり、groningerは独立したファミリー企業であり続けるということです。

医薬品と化粧品のための新しいコンセプト

国内外に革新的なアイデアやコンセプトがあり、これらは医薬品と化粧品の機械の事業エリアをさらに拡大させています。近隣のシュネルドルフでは、groningerの企業理念を化粧品業界の特殊な要求に対して活かすことに成功しました。

道はさらに上へと続く

設立以来、groningerは一貫して健全に成長してきました。2003年に、新しい製造センターと新しい管理部門の建物が完成しました。シュネルドルフの拠点は2006年に拡張されて、2つの組立工場が増え、2010年にはクライルスハイムに大きな組立工場が建設されました。現在までに、1,300人の従業員で1.7億ユーロ以上の売上を上げました。groningerは決して立ち止まることなく、引き続き画期的なコンセプトの研究を行い、革新的な技術を開発しています。