イノベーション

私たちは決して立ち止まりません。

当社は研究開発を行い、当社の分野の機械製造を前進させるイノベーションをもたらしています。ロータリー・ピストン・ポンプ、タブ・オープニング・システム、セグメント・トランスポート・システム、プラズマ技術を使用した除染ユニットなどの画期的な発明が当社の財産となっています。

ロータリー・ピストン・ポンプ

1982年 – ロータリー・ピストン・ポンプ

特許を取得した画期的な発明であると同時に、滅菌済みの使い捨てシリンジの処理において、後に市場リーダーの地位を築く基盤となっています。単純に独創的であり、独創的に単純:シールがなく、粒子もなく、初めてのセラミック製です。

1989年 – 層流を最適化するために少ない粒子で動作するシーリング・ユニット

この開発もまた、医薬品の処理プロセスを大幅に改善したものであり、今日まで医薬品業界の基準となっています。

1990年 – バイアルおよびボトルの処理を行う全自動イン・プロセス・ウェイト・コントロール

2003年 – サーボ制御の機械タイプMCSの新開発

MCSはカム制御の機械から置き換えられ、出力が40パーセント増加しています。

2004年 – groninger熱風トンネルの開発の終了

groningerは技術的なリーダーであることを再び示しました:モジュール構造の滅菌トンネルは、市場のあらゆるシステムの中で温度差が時間的にも場所的にも最も少ないことで、専門家たちを驚かせました。

2005年 – 大量の製品用の機械タイプMFCS 202 QLの新開発

この機械は飛び散らせません:そのため、処理する製品の中で液体が跳ねることがありません。MFCS 202 QLは、直線状の充填機と断続的な密閉機を組み合わせたもので、1分あたり最大120個の処理能力を発揮します。

2008年 – ロボット仕分けシステムの新開発

トレイからあらゆる種類のボトルまたは蓋を仕分ける、またはバルク材として仕分けることが、カメラでの検出によってごく簡単なものになりました。

2009年 – セル・トランスポートUFVK / UFVG

この万能なトランスポート・システムは、アクセス性、クリーニング、製品の保護に関して最も高い要求を満たすものです。加えて、これは処理する製品やそれぞれのシステムに合わせて個別に調整できます。

2009年 – タブ除染チャンバーの特許取得

イノベーションのさらに大きな飛躍:groningerはプラズマ・チャンバーにより、市場での医薬品業界向けの新しい除染プロセスの確立に成功しました。

2011年 – 使い捨て充填システム

ステンレス・スチールの充填針を使用する、初めて完全な充填パスを持つ新しいコンセプトです。

2012年 – 1分あたり400の製品を処理する100%のIPC

高速での充填量の点検:groningerはそもそも不可能だったことに成功し、それまで相反していた2つのものを統合しました。

2013年 – ビジネス・ラインでの設計準備

ビジネス・ラインは、設計準備の理念による新しい直線状のgroningerライン・コンセプトです。このファミリーから化粧品用の初の充填機であるFragrance 50の市場導入を果たしました。