バイアル用ライン・コンセプトの例

凍結乾燥機への接続部が付いたアイソレーター下の高性能バイアル・ライン

1 2 3 4 5 6
1

高性能クリーニング・マシン

  • コンパクトで安定した構造
  • 良好なフィルターのアクセス性 – 簡単なサンプル抽出
  • フォーマット依存の洗浄手順
  • 確かな洗浄成果 – ≤ 3 logまで減少
  • 集中的な内外クリーニングのための最大15のステーション
  • 事前のクリーニングのためにWFI(water for injection)の水の回収率が最大100%
2

熱風滅菌/発熱物質除去トンネル

  • 空気循環処理でガラス容器が滅菌され、発熱物質の除去が行われ、空気循環処理の冷却ゾーンで冷却される
  • 両側の旋回式ドアによる良好なアクセス性
  • IRによる残りの水分の蒸発 – 送り込み部分でのプレヒーティング
  • わずかな温度差とガラスの張力
3

充填/密閉機

  • 最大出力時に100%のIPC
  • 10箇所、コンビ充填システムのタイム・プレッシャー/蠕動ポンプ
  • 複雑なCIP/SIPクリーニング・プロセス
  • 堆積物やガラス粒子などを検出するための3回のカメラ点検
  • 送り込みは連続的、充填は断続的、充填ステーションからの送り出しは連続的
  • N2ガス処理
4

シーリング・マシン

  • シーリングの品質を点検するためのシーリング・チェック
  • プリンタ – データ・マトリックス・コードの印刷用
  • ユーザーが使用しやすい密閉のための高精度の搬送/センタリング装置
  • 特許保護されたシーリング原理
5

外部洗浄機

  • ステーション間でバイアルを搬送するための特殊なグリッパー・システム(循環動作原理)。グリッパーはシーリング・キャップを覆って、シーリングの継ぎ目にクリーニング液(精製水など)が入るのを防ぐ。
  • バイアルのネック部分を効率良く乾燥させるため、フィルターを通した圧縮空気がグリッパーに当てられる。
6

マガジン格納

  • ダブルのマガジン格納