システム拡張と近代化

旧型機をアップデート

技術が向上するにつれて、長年使用されてきたシステムの性能は多くの場合遅れを取っていくことになります。そのため、既存のシステムに対する後付け、ハードウェアやソフトウェアのアップグレード、あるいは改造は有効です。古くなったコンポーネントや摩耗したコンポーネントは、改良されたものに交換します。

市場で入手できなくなった部品は、設計の変更によって対処します。新しい基準や要件がある場合には、ご希望に応じて装備を追加します。当社はお客様のシステムのオーバーホールを、お客様のもとに出張して、あるいは当社にて行います。

性能強化のための現代化、拡張、変更

お客様の機械を最新の技術水準へと復活させます。新規機械の導入よりも低い投資コストで済み、スタッフトレーニングの費用を抑えられるという2点は、お客様にご納得いただける理由のごく一部です。

それによってシステムのライフサイクルが延びるほか、特に停止時間が最小限に抑えられるため、生産の経済性が向上します。当社はお客様のシステムの機能性を長期にわたって保証します。ドキュメンテーションの更新によって、今後のメンテナンスと整備の作業が容易になり、また所要時間も短縮されます。

後付け

  • システムのオーバーホール
  • 摩耗部品の交換

機械のアップグレード

  • 可視化機能の後付け
  • 制御ソフトウェアのアップグレード
  • 特殊部品の交換

改造および後付け

  • 新機能の追加
  • システム保護装置の調整
  • 安全面の評価

フォーマットパーツセット

  • 新規フォーマット部品の設計
  • 工具を使用しないフォーマット交換の追加装備